(実行ファイルブロック)こんなメール対策をOffice 365で実装することができます! 其五

実行ファイル(.exeや.jarなど)を含んだ添付ファイルの受信をブロックします。

Office 365(Exchange Online)はデフォルトで実行ファイルをブロックしますが、下記ルールを作成するとZIPなどで圧縮ファイルしたファイルの中身も判別してブロックすることができます。

 

Office 365 Admin Centerから設定します。

1.管理センター Exchangeをクリックします。

 

2.メールフローをクリックします。

 

3.ルールを作成します。

※説明文を加えることで送信拒否された旨のメールが送信者本人に送られルールを認識することができます。

また受信者にもメーセージを通知します。受信者の情報は動的なため変数を設定する必要があります。