直接送信ならライセンスフリーで業務アプリからメール配信できますよ!

現行のメールシステムからOffice 365(Exchange Online)にメールシステムを移行する際にネックになる問題として現行の業務アプリからSMTPで自動配信しているメールシステムの移行です。

Office 365のSMTPメール配信にはポート番号:587を利用し、STARTTLSの暗号化に対応していないといけないため、現行の業務アプリが25番ポートで暗号化に対応していない場合はOffice 365に移行できないという事態となるからです。

そこでオススメなのが「直接送信」という配信方法です。

直接送信ならポート番号:25で暗号化無し、SMTP認証の必要も無いためライセンスを付与したユーザーも必要ありません。

制限事項としては送信先が対象テナントのOffice 365ユーザーに限定されるということです。

しかし業務アプリの送信先なら大抵 会社の担当者のメールアドレスなのでほとんどのケースでは問題にならないと思います。

 

まずOffice 365のMXレコードを確認します。

1.Office 365 Admin centerの管理センターから [セットアップ]>「ドメイン」をクリックします。

 

2.対象の独自ドメインをクリックします。

※SRVレコードを登録していない関係で「サービス上の問題の可能性があります」となってますがここでは関係ないです・・・・

 

3.MXレコードを確認できました。

ちなみにカスタムドメイン(独自ドメイン)が未登録の場合は下記のようなコマンドをコマンドプロンプトで実行することにより確認できます。

nslookup -type=mx <初期ドメイン名>.onmicrosoft.com

 

4.例として WordPressのメール送信アドオンを利用してみます。

「SMTP server address」に先程のMXレコードを入れ「Port」を25とし、送信先にOffice 365のユーザーを指定します。暗号化もSMTP認証も必要ありません。

 

5.送信に成功しました!しかし迷惑メールとなります。

それもそのはずです。差出人メールアドレスのドメインがメールサーバーとして存在しないもののためです。

この場合の対処方法は送信元IPアドレスをSPFレコードを登録することがマイクロソフトの推奨のようですが、送信元IPアドレスが静的IPアドレスではない場合や差出人メールアドレスのドメインのDNSレコードをいじれない場合もあります。

その場合、Exchange Onlineの受信許可リストに差出人メールアドレスを登録することにより回避できます。

 

6.Office 365 Admin centerの管理センターから [Exchange]をクリックします。

 

7.[保護]>[スパムフィルター]の「Default」をダブルクリックします。

 

8.[受信許可一覧]に「差出人メールアドレス」を追加し、保存します。

 

9.これで差出人メールアドレスからのメールは迷惑メールにならず送信先のメールボックスに送ることができます!

 

2018年1月1日追記:直接送信の宛先は1つか選択できないようです。2つ以上の宛先で送信すると「Too many recipients」というエラーがネットワーク機器側のログに記録されました。複数アドレスを宛先にする場合は、配布グループ(メーリングリスト)を作成しそれを宛先にしましょう。