IntuneでアプリをWindows 10に配布してみる

Active DirectoryやSCCMで行うアプリのクライアントPCへの配布ですが、Intune単体でやってみます!

これができれば、Azure ADに参加しIntuneに登録するといったクラウドオンリーの作業で今までオンプレミスのサーバーが何台も必要だった機能の主要な部分を代替できることになります。(ちなみにWindows Updateは前回記事でIntune単体により実現できることを確認しました)

 

1.RealVNCのMSIファイルをIntuneで配布してみます。

 

2.Office 365の管理センターから[Intune]に接続します。

 

3.[Intune] > [Mobile Apps]をクリックします。

 

4.[追加]をクリックします。

 

5.ダウンロードしたMSIファイルを配布対象にするには「基幹業務アプリ」を選択します。

 

6.MSIファイルを設定します。

残念ながらEXEファイルは設定できません。まあこれはADも同様なのでIntuneが劣っている訳ではないと思います。またファイルはサイレントインストールに対応している必要があるようです。

設定可能なファイル形式
ipa・・・iOSアプリのイメージファイル形式
apk・・・Androidアプリのイメージファイル形式
msi・・・Windowsアプリケーションのイメージファイル形式
xap・・・Silverlightアプリのイメージファイル形式
appx・・・Windows ストア アプリのインストール形式
appx・・・Windows ストア アプリのインストール形式
appxbundle・・・Windows ストア アプリのインストール形式

 

7.上部3つが必須項目となります。

カテゴリの選択項目は下記となります。

 

8.続いて設定に割り当てるユーザー(グループ)を設定します。

[割り当て] > [グループの追加]をクリックします。

 

9.「登録済みデバイスで使用可能」を選択します。この場合、Intuneのユーザーポータル画面にアプリが表示され任意インストールとなります。「必須」を選択すると自動的にインストールされます。

 

10.任意のグループを対象にできます。保存して割り当てを完了させます。

 

11.対象PCでIntuneのユーザーポータルを開いて[アプリ]を選択するとVNCが表示されました。VNCのアイコンをクリックします。

 

12.リンクをクリックします。

 

13.自PCがどのデバイスかを識別できないようです。登録済みデバイスからデバイスを選択します。

 

14.「インストール」をクリックすればダウンロード&インストールが開始されます。

 

15.自PCのプログラム一覧にインストール済みとなっていることを確認できました。

 

16.またIntuneの管理ポータルからもインストールされていることが確認できました。