(Exchange Online)スパムメールを隔離しエンドユーザーに通知する設定を試す

スパムメールはデフォルトでは「迷惑メール」フォルダに格納されますが、一旦 メールサーバー(Exchange Online)に隔離しユーザー自身でスパムメールの処理を選択する設定を試してみます!

 

1.Office 365 Admin centerから[管理センター] > [Exchange]をクリックします。

 

2.[保護] > [スパムフィルター]の「Default」を開きます。

 

3.[スパムおよびバルクのアクション]の「迷惑メールフォルダにメッセージを移動する」を「メッセージを隔離する」に変更し保存します。

 

4.右メニューの「エンドユーザーのスパム通知を構成する」をクリックします。

 

5.「エンドユーザーのスパム通知」を有効にし、スパム通知の送信間隔を設定します。

 

6.設定後、忘れた頃にスパム通知のメールが来ました。スパムが無いと通知メールは送信されないようです。Azure関連のメールがスパム扱いになってますが、これはGmailからの転送メールのためスパム判定されたと思われます。

スパムじゃないので「Release to Inbox」をクリックします。

 

7.Webブラウザが立ち上がりメールが解放されました。

 

8.新規メールとして受信できました!