Office 365(Outlook 2016)起動時の不具合(osF-Roaming.16)

自宅のWindows 10の「April 2018 Update(1803)」の更新が半日たっても終わらないため、無理やり電源を落としたところOSが壊れてしまいました・・・(゚Д゚)

止む無くOSやOffice 2016を再インストールしましたが、その際に起こったOutlook 20016起動時の不具合について記載します。

 

1.Outlook 2016を起動すると下記のようなダイアログが出てしまいす・・・・

 

2.「許可」を押してみると・・・ osF-Roaming.16 なんだこれは??

無視すれば問題なくOutlookを利用できますが、毎回 このダイアログは煩わしいので解決方法を探ります。

 

3.修復インストールを試みます。[設定] > [アプリ]をクリックします。

 

4.[アプリと機能] からOffice 365 Businessを選択し、「変更」をクリックします。

 

5.「オンライン修復」を選択しましたが、「クイック修復」でも今回の問題を解決できます。

 

6.これでosF-Roaming.16の問題は解決できましたが、コントロールパネルから Mail(Microsoft Outlook 2016) をクリックすると「アプリケーションが見つかりません」と表示されます。

 

7.Outlook 2016のアカウント設定からプロファイルを表示できるため、正しいリンクが設定されていないだけのようですが、気持ち悪いので調べてみると64bit OSに対して32bitのOfficeをインストールすると発生することがあるとのことです。

はっきりとした因果関係はわかりませんが・・・

 

8.半信半疑ながら 32bitのOffice 2016をアンインストールし、64bitのOffice 2016をインストールしてみます。

トップページから「その他のインストールオプション」をクリックします。

 

9.64bitを選択後、ダウンロードしインストールします。

 

10.インストール後、OSを再起動するとコントロールパネルの Mail(Microsoft Outlook 2016) が正常に表示され、プロファイルを開くことができました!

 

11.しかし、Outlook 2016を起動すると、また osF-Roaming.16 が出力しました・・・

 

12.クイック修復で解決しました。