AIPで特定の取引先用のラベルを作成してみる ドキュメント編

AIPで特定の取引先用のラベルを作成してみる 設定編」で作成したラベルの挙動を検証してみます。

Excel 2016にラベルを適用してみます。

1.[ファイル] > [情報] > [アクセスの制限]から「Rignts Managementサーバーに接続してテンプレートを取得」をクリックし、作成したラベルを取得します。

 

2.ラベルが取得できました! 「DALUMX」ラベルをExcelファイルに適用します。Azureポータルからだと英語表記の他のラベルもここからだと日本語になってますね。

 

3.まず権限のあるアカウントでファイルを開きます。「権限の表示」でラベルの権限設定を確認することができます。

 

4.次に権限を付与したアカウントで Google Driveから開いています。

 

5.権限があってもGoogle Driveからだとラベルを付与したファイルは開けないようです。

 

6.では権限がないOffice 365アカウントを利用しているPCからだとどうでしょう。ファイルをWindows 10の任意のフォルダーにダウンロードしました。

 

7.クリックすると下記のようなメッセージが表示された後にアカウントを選びます。

 

8.権限がないアカウントを選択した場合、アカウントの追加が求められます。

 

9.権限のあるアカウントを追加することでファイルを開くことができました!!