PowerShellで言語とタイムゾーンを設定する

Office 365への初回サインイン時に言語とタイムゾーンの設定を求められますが、管理者が事前に一括変更できればユーザーの手間を軽減できます。

そこでPowerShellによる設定方法を調べました。

 

現在の言語とタイムゾーンの確認

Get-MailboxRegionalConfiguration -Identity <MailboxIdParameter>

 

メールボックス指定で「日本語」 「(UTC+09:00) 大阪、札幌、東京」に設定

Set-MailboxRegionalConfiguration -Identity <MailboxIdParameter> -Language 1041 -TimeZone "Tokyo Standard Time" -LocalizeDefaultFolderName:$True

 

設定の確認

Get-MailboxRegionalConfiguration -Identity <MailboxIdParameter>

PowerShellで言語とタイムゾーンを設定する

 

下記でテナント内の全てのメールボックスを「日本語」 「(UTC+09:00) 大阪、札幌、東京」に設定できます。

Get-MailBox | Set-MailboxRegionalConfiguration -Language 1041 -TimeZone "Tokyo Standard Time" -LocalizeDefaultFolderName:$True