セルフサインアップの有無を確認する簡単な方法

Office 365導入前に既に社内で無料版のPower BIなどのサービスを利用しているとそのドメインが「セルフサインアップ」されているため、Office 365の新規テナントにカスタムドメインが追加できないとう状態になります。無料版のサービスでもAzure ADを利用するためです。

まず本当に「セルフサインアップ」されているかを確認する簡単方法を記載します。

 

1.Office 365のサインイン画面からデタラメなユーザー名にドメインを組み合わせてサインインしています。

 

2.Azure ADに登録されていないドメインの場合、「そのユーザー名のアカウントが見つかりませんでした。」というメッセージが出力されます。新規のOffice 365テナントにドメイン追加が可能です。

 

3.一方でパスワード入力画面に遷移するとドメインがAzure ADに登録されている状態のため、下記URLを参考にセルフサインアップによって作成されたテナントとドメインの紐づけを解除する必要があります。

https://blogs.msdn.microsoft.com/jpsql/2015/04/01/power-bi-power-bi-12/