Office 展開ツールの構成ファイルをGUIから作成する

今まで手動で作成していたOffice 展開ツールの構成ファイル(Configuration.xml)をGUIから作成できるようになりました。

https://config.office.com/にアクセスします。

参考URL:Office カスタマイズ ツールの概要

 

1.下記の条件で構成ファイルを作成します。

  • アーキテクチャー:64ビット
  • 製品:Office 365 Business

 

  • 除外アプリ:OneDrive(Groove), OneNote 2016,Publisher
  • 更新チャネル:半期チャネル
  • バージョン:最新

 

  • 言語:日本語

 

(インストール)

  • ローカルソース:\10.0.1.1share
  • 不足している言語があるときにCDNにフォールバック:有効
  • インストール画面をユーザーに表示する:オフ
  • タスクバーにアイコンをピン留めする:オフ
  • ログ記録:オン(\10.0.1.1sharelog)

 

(ライセンスとアクティブ化)

  • 自動的にEULAに同意する:オン

 

(全般)

  • 組織名:クラウドサーフ

 

他にも個々のアプリケーションの設定もできるようです。

 

2.[エクスポート]をクリックすることで構成ファイル(Configuration.xml)をダウンロードできます。

 

3.完成した構成ファイル(Configuration.xml)の中身は下記となります。

<Configuration ID=”d5dd8dd4-0181-4f7e-9f25-d70e7c3aa651″>
<Add OfficeClientEdition=”64″ Channel=”Broad” SourcePath=”\10.0.1.1share” AllowCdnFallback=”TRUE” ForceUpgrade=”TRUE”>
<Product ID=”O365BusinessRetail”>
<Language ID=”ja-jp” />
<ExcludeApp ID=”Groove” />
<ExcludeApp ID=”OneNote” />
<ExcludeApp ID=”Publisher” />
</Product>
</Add>
<Property Name=”SharedComputerLicensing” Value=”0″ />
<Property Name=”PinIconsToTaskbar” Value=”FALSE” />
<Property Name=”SCLCacheOverride” Value=”0″ />
<Updates Enabled=”TRUE” />
<RemoveMSI />
<AppSettings>
<Setup Name=”Company” Value=”クラウドサーフ” />
</AppSettings>
<Display Level=”None” AcceptEULA=”TRUE” />
<Logging Level=”Standard” Path=”\10.0.1.1sharelog” />
</Configuration>

参考URL:Office 展開ツールのオプションの構成