Chrome用の拡張機能(Windows 10 Accounts)を自動配信する – OMA-URI のカスタム設定

前回のPowerShellスクリプトによる自動配布だとファイル管理が必要になるため「OMA-URI のカスタム設定」でGoogle Chromeの拡張機能(Windows 10 Accoutns)を自動配布してみます。

 

1.Goolge Chromeのサイト(https://cloud.google.com/chrome-enterprise/browser/download/)からテンプレートをダウンロードし、「chrome.admx」ファイルの中身をテキストファイルで開き、コピーします。

 

2.Microsoft Endpoint Manager admin centerの「デバイス – 構成ファイル」に遷移します。

 

3.[プロファイルの作成]でプラットフォームを「Windows 10以降」、プロファイルの種類を「カスタム」→[設定]に進みます。

 

4.「追加」をクリックし、下記を作成します。

名前:ADMX Ingestion – Google Chrome

OMA-URI:./Device/Vendor/MSFT/Policy/ConfigOperations/ADMXInstall/Chrome/Policy/ChromeAdmx

データ型:文字列

値:「chrome.admx」の中身をペースト

 

5.さらにもう1行追加します。

名前:Google Chrome Extensions

OMA-URI:./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Chrome~Policy~googlechrome~Extensions/ExtensionInstallForcelist

データ型:文字列

値:<enabled/>
<data id=’ExtensionInstallForcelistDesc’ value=’1&#xF000;ppnbnpeolgkicgegkbkbjmhlideopiji;https://clients2.google.com/service/update2/crx’/>

 

7.割り当て後、ローカルPCのレジストリに追加されていることとChromeに拡張機能(Windows 10 Accounts)が追加されていることが確認できました。